子供の日


朝早く

「ベランダに出して!」





12050501.jpg

そっか・・・

このこ わかってるんだ・・・

何話してたんだろう



「さぁ 病院行こうか」

うん


12050502.jpg



車で20分 病院に着くと診てくださったのは
シンが我が家に来た頃続けて診てくれていた
頼りなかった(ゴメンナサイ)先生

10年経って頼もしくなり
No.2になっていた・・・

「先日のレントゲンも血液検査も診たけど
ちょっと腑に落ちないから腹部のレントゲンも撮ってみていいかな?」

はい お願いします

「原因が分からないけど、どうも腹部に影があるから
検査してみて場合によっては手術になるかも知れませんが」

一度帰って連絡待ちにしましょうか・・・



家で待つこと1時間

電話が鳴る



超音波とかで調べてもどこからかわからないのだが
腹部に液体が溜まってて
針で抜くと水ではなく血液

どこからか出血しているのは確実なので
お腹開いても良いか・・・


パパに緊急電話


病院と直接話してもらい
「手術お願いした・・・」と


・・・
出血は止めなきゃ
でもどうしてよいかわからなかった





病院から電話

「脾臓にいくつか腫瘍がありその一つが破裂して出血していました。
脾臓を全摘してお腹を閉じました。
今後の治療もあるので病理検査に出しても良いですか?
落ち着いているので 面会に来れますか?」


はい!



出掛ける準備をしていると緊急の番号から電話
・・・

心肺停止



「どのくらいで来られますか?」

20分で行きます







先生が30分ほど心臓マッサージを続けていてくれた






よく頑張ったね












00:00 | シンディ | edit | page top↑