スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

緑内障の記録 - 14

2007.5.9
成城の e○ vet に行ってきました。
日本に3人しか持っている人がいない資格のある先生のようで
今日も北海道とかからも患者ワンが来ていました。
急患枠で見てもらったので計2時間半もかかりました・・・。ふぅ
診断結果はおそらく ぶどう膜炎 。
色々と原因を考えればキリが無いが
おそらく一過性のもので内臓からとかではないでしょう。 との診断。

今回も前回とはまた違った血液検査もしましたが白血球にも異常なしでした。
(白血球に異常が見られれば既にかなりひどい状態でしょうが。)
ただ眼圧が右目は16mmHgと正常なのに対し左眼だけ61mmHgと高く
40mmHgを超えるとかなりの痛みを感じているはず と言われました。
痛みで食欲も落ちたり吐いたり、と人間の頭痛と同じかな?

シンちゃん痛いはずなのになんでこんなに元気なのでしょう?
ただ目の腫れを感じたのはステロイド剤を飲み始めてからなんだよなぁ・・・ 
ステロイド剤の副作用に眼圧が上がるって言うのがあるはずなんだが。
眼圧が高い状態があまりに長く続くと圧が下がっても腫れが引かなくて
そのまま視力も戻らないことが多いみたいで
早く下がることを祈るしかないです。
視力が回復するかどうかは わからないとのこと。
今は光もあまり感じていないのではないか。と

そして病院でフラットの6歳の37kgもある男の子と一緒になりました。
その子もシンとまったく同じ症状で左眼だけ。
もう4ヶ月も続いているけど今日やっと眼圧が下がっていたとのことでした。
そうそう この子も元気いっぱいで食欲も旺盛なようです(*^-^*)

先生もこの病気はもしかしたらフラットの中齢に多いのかも知れないと。
今年に入ってフラットだけでもう十数頭見ているんだそうです。
普通の犬種だと両目とも発症しちゃうことが多いらしいのですが
なぜかフラットちゃんは片目が多いようです。
また2週間後に再診ですが それまでは
どんな小さなことでも電話相談にのってくれるということでちょっと心強いです。


00:00 | 闘病記録 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。