緑内障の記録 - 19

2007.6.8
新しい目薬(眼圧をさげるもの)に替えて2日
状態は安定してきました。
毎日眼球の色は違うのですが昨晩はほとんど透明になっていました。
濁りが取れているせいか眼が少し小さくなったように見えます。
眼圧が10~20くらいになってしばらくしないと縮むことはない
と言われているので気のせいかな?
とも思うのですが 嬉しいことです。
あきらかに眼圧は下がっていると思います。
(測ったわけではないので目測ですが・・・。)
昨日からシンも落ち着いていて とっても良い子です。
やはり眼圧が高い時はそれなりに痛いのでしょう

右眼をどうするか・・・
少しでも良いと思うことをやってあげたいので
これからどのくらいの期間になるのか見当もつきませんが
予防の為に眼圧をあげないようにする為の目薬を
差しつづけていこうかと思っています。

自分の病気を理解しているらしく 目薬をまったく嫌がらないので助かります。

そして問題の左眼
今後の方針について先生とも話し合わなければいけないのですが
家族としては 眼に針を刺して水を抜くのもかなりの負担がかかるだろうし
レーザー治療は確実に眼の細胞は死んでしまうだろう・・・。

目薬で眼圧が下がるだけでこんなに楽になっているのなら
そのまま続ければよい方向に向かうのではないか?
と 願望むきだし(笑)

しばらくは負担のかかる治療はせずに目薬だけで様子を見てみることに決めました。
(私の独断で主人も納得してくれました)

犬の生命力 自然治癒力にはすごいものがある!!! と信じている私
今度は自分のカンを通します。


00:00 | 闘病記録 | edit | page top↑